上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   2007_0101_000000-水鳥2

     これから飛び立とうとする水鳥。


   そばに生えている植物は、池や沼に自生するガマ(ガマ属ガマ科ーコガマ)。

   ガマの穂は生薬として外用では傷薬、内服では利尿作用、通経作用に。

  出雲神話の1つで、毛をむしり取られて赤裸になった因幡の白兎に

  大黒様(大国主のみこと)が、蒲の穂綿に包まりなさいと言われたのが  

  この生薬穂黄(ほおう)ー花粉の作用。 古事記にのっているお話との事。
     
    
     小さい頃に遊んだ花火に、こんな形のがあったなァ~


        RICOの本 参照
  
powered by まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。